校長

第4代校長 久木田 総一

「独立自尊」の精神

本校には開学以来『独立自尊』という校訓があります。医療の中で人を診るのは、その人をより深く理解しようとすることであり、治療するのはその人の人間性もより豊かにしてあげることだ、という理念のもとに初代校長久木田伊助が掲げた言葉です。自身の健康と人間の尊厳を確立した者でなければ、人を診て治療するまでの一貫した流れを任せることはできません。校訓には「治療家は自ら健康を保ち独立し、自身の尊厳を高めていく。」という意味も込められています。

医療は元来、人とは何かを問いかけたり、生命の本質を追求しようという性質を持っています。物事をとおして人間の本質にせまろうという姿勢は、古来「道」という言葉に表現されてきました。私共の教育は一人一人が深い学習を修めることはもとより、高い信頼性を持ち合わせた人材を育てることにあります。

これまでも、これからも本校を巣立ってゆく臨床家たちは、人間性を大切にした温もりに満ちた医療を提供し続けるでありましょう。

「独立自尊」の建学の父

初代校長久木田伊助は、薩摩藩主島津家の五人の御典医の一人、肥後盛昌に師事し、東洋医学の本流を極めました。日々治療に専念していた伊助は、朝日夕日に映える桜島を眺めながら、将来必ず東洋医学の時代が来ることを予見し、西洋の基礎医学と臨床経験豊富な東洋医学を融合させた新しい医療人の教育を目ざして、本校を開校しました。

kocho01

初代校長 久木田 伊助

kocho02

第2代校長 久木田 一郎

kocho03

第3代校長 久木田 隼人
(現:久木田学園 特別顧問)