「あ・は・き」とは「あん摩 マッサージ 指圧」「鍼(はり)」「灸(きゅう)」の
頭文字をとって略して使用する専門用語です。

あん摩[あんま]

DSC_7854

「按」はおさえ止めるの意で、「摩」はなでさするの意です。
古代中国が発祥の地とされています。
うすい衣服の上から身体に強弱の刺激を与えることで、血液の循環を改善し、神経系統の不調を取り除き、筋肉のこりをほぐす手技療法です。

DSC_7867 のコピー
DSC_7851

マッサージ

遠くはヨーロッパで始まりました。身体の皮膚に、強弱の刺激を直接加える手技療法です。施術には滑剤を用います。滑剤には、粉のタルク(パウダー)と液体のオイルの2種類があります。

DSC_7832

指 圧

古くは大正初期に日本で生まれた手技療法です。薄い着衣の上から、押圧刺激を加える手技療法です。神経系統と筋肉、血液の循環に作用し、全体のバランスを調整します。

DSC_0126

鍼[はり]

DSC_7880

日本には奈良時代に伝わりました。鍼を経穴(ツボ)に接触または刺入することで身体に刺激を与え、その生体反応を利用して疾病の予防や治療をする施術方法です。「経穴」とは、身体の診断点であり、治療点です。一般的には「ツボ」と呼ばれています。

DSC_7933

灸[きゅう]

経穴(ツボ)に「もぐさ」を燃やして温熱刺激を与え、その生体反応を利用して人間の自然治癒力を引き出して治療しる施術方法です。
「もぐさ」は蓬(よもぎ)の葉のうらのやわらかい油分を多く含んだ部分から作られています。

DSC_7897